法律 内緒 借金

法律をうまく活用するのがポイント!:内緒の借金をきれいに完済

MENU

売る?それとも…

人生において大きな買い物となるのが、マイホーム。住宅ローンを何十年も払っていくわけですが、長い支払においてどんなトラブルが起こるかわかりません。払っていけるものとして住宅ローンを組んだのに、10年後にはライフスタイルが大きく変わり…最初に設定した支払額では厳しくなってしまう事もあるのです。

 

せっかく手に入れたマイホームですが、支払いが苦しくなってしまったら…一体どうしたらいいでしょうか?住宅ローンの支払いが苦しくなってしまった際の対処法としては、「売る」といったことが挙げられるでしょう。自宅をこの際思い切って手放してしまう…と考えている場合は、任意売却が適任です。なぜなら、売却は市価の半額程度といった安い金額にしかならないのですが、任意売却であれば少しでも高い値で売ることができるのです。それは、普通の物件売買とあまり変わらないレベルです。他には、自己破産…といった手段もあります。こちらはきれいさっぱり、借金を失くすことができます。

 

ほとんどの人は、住宅ローンの支払いが苦しくなると、もう家を手放すしかないと考えられますが、実は売らなくても解決できる方法があるのです。とはいえ、家を売らないで済むようにするにも、それなりのデメリットがあります。住宅ローンといった借金は大金ですから、それを解決させるには複雑な手続きや条件をパスしてからとなるのです。

 

では、そんな家を売らずに支払いを楽にする方法とはどんな方法かというと、「住宅ローンのリスケ」と「個人再生」です。リスケとは、返済計画を見直すことです。住宅ローンも借金には変わりありませんので、債権者が承諾してくれれば、返済計画を変えることができるのです。ですから、住宅ローンの支払いが苦しくなったら、まずこのリスケができるかどうかを確認するといいでしょう。個人再生については、弁護士に必要書類を作ってもらう必要があります。


リスケジュールとは?

設定している住宅ローンの支払いが厳しくなったら…リスケジュールで返済計画を見直してもらえるように、債権者にお願いしてみましょう。リスケジュールとは支払計画の組直しの事で、例えば月々の支払いを少し下げたり、ボーナス払いをやめたりと…そんなローンの支払い条件を変更して、支払いが滞らないようにするものです。ほとんどが、期間を延長して月々の支払金額を下げるパターンとなっています。銀行によっては、強気な態度でリスケジュールに対応しないところもありますが、誠意をもって忍耐強く交渉していきましょう。

 

このリスケジュールをおこなう際には、生半可な気持ちでお願いしてはいけません。あくまでも返済していく意思は強い事、だからこそリスケジュールをしたい…といった真摯な姿勢で臨むようにします。間違っても、今の住宅ローンよりも利息が高いところで借金をして、当面の支払いをなんとかしのごうとする事はNG。また、もし支払いが遅れていて担当者から電話連絡が来ているような状況であれば、無視しないで対応するようにします。そうした姿勢から、担当者は債務者の気持ちにウソがないかどうか確かめていくのです。そして、リスケジュールを申し込む前には、必ず「いくらなら返済可能なのか?」を計算して出しておきます。この金額は、あまりにも低いとリスケ自体を断られてしまうので注意が必要です。